アメックスの4種類のカードと審査について

amex182

まず基本として、「アメリカン・エキスプレス・カード」には4種類のカードが存在します。
「グリーン」、「ゴールド」、「プラチナ」、そして「ブラックカード」ともいわれますが「センチュリオン・カード」といわれるものです。

「グリーン」と「ゴールド」には入会に伴って審査があり、審査基準を満たし、審査を通過しないとカードが発行されません。
「プラチナ」と「センチュリオン」に関しては後述しますが、別の「審査」があり、入会したいですとこちら側から申し込むことができません。

まず「グリーン」と「ゴールド」についてみていきましょう。

審査の基準として「20歳以上で定職のある方」というざっくりとしたものがあります。
これさえ満たせばいいのかというと、そういうわけにはいきません。
大体、20代で年収300万円以上あって定職についていれば発行させる可能性は高いと思います。
30代以上も同様ですが、求められる年収は高くなる傾向です。
個人事業主でもしっかりと事業実態があり年収が先述以上あれば通るでしょう。

アメックスというステータスの高いカードとしては審査基準が低いのではないかと思った方もいるかもしれませんが、昔に比べると確かに審査基準は下がったといえるかもしれません。
審査基準があまり厳しくないのは、この後解説する「プラチナ」と「センチュリオン」というカードの登場で、「グリーン」と「ゴールド」が比較的一般的なカードになったということが主な理由です。

ちなみに「グリーン」は年会費12600円(税込)、「ゴールド」は年会費27300円(税込)です。
サービスの差ははっきりいって大差があるというほどではありませんから、「ステータス」という部分のウエイトが高いカードの差といえます。
年会費だけで「高い」と思う方は、この後の話で驚かれてしまうかもしれません。

「プラチナ」と「センチュリオン」は主に「ゴールド」のカードを所持している人で会社側が定める一定の基準を超える人に「インビテーション」が送られます。
つまり会社側に招待されることで入会することができるカードです。
「プラチナ」の場合ですが年間利用額として100万円以上は確実で、複数年カードを利用している人であり、さらに個人資産や様々なことを加味されて、インビテーションが送られる仕組みです。
ちなみに世界最高レベルのカードである「センチュリオン」の審査基準はもっと高いです。

「プラチナ」は年会費13万6500円(税込)で、「センチュリオン」は年会費36万7500円(税込)です。
年会費がまったく気にならない収入や資産を持つ限られた人が所持するカードであり、世界でもごく少数の人が利用するカードなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る