初めてのアメックス・ゴールドカード。オススメの3つの理由とは!?他カード比較&最新口コミで徹底検証!!

ハイステイタスカードの代名詞であるアメリカン・エキスプレス(以下アメックス)カード。

中でもアメックス・ゴールドカードは空港での各種優待など特典の充実度とコストのバランスが人気です。

一度は利用してみたいという方も多いのではないでしょうか。


旅行やビジネスでの活用法
も気になるところですね。

今回は、アメックス・ゴールドカードの魅力と使い方のポイント、キャンペーン、審査条件を徹底紹介します!!

アメックス・ゴールドカードの基本情報

アメックス・ゴールドカードには

個人向けのアメックス・ゴールド・カード
法人向けのアメックス・ビジネス・カード
他社提携のアメックス・ゴールドカード
セゾン・ゴールド・アメックスカードなどの提携カード

と数種類あります。

この記事では主に個人が申し込めるアメックスゴールド・カードを取り上げます。

まず、アメックス・ゴールド・カードの基本情報を見てみましょう。

名称サービス
入会費・年会費29,000円(税抜)
家族カード1枚目無料、2枚目以降12,000円(税抜)
ETCカード発行料850円(税抜)
ETCカード年会費無料
ショッピング・プロテクション年間500万円
リターン・プロテクション購入商品の返品制度
オンライン・プロテクションネット上で不正使用された場合の被害を全額保証
海外・国内旅行保険最大1億円/最大5000万円
空港ラウンジサービス国内外主要空港のラウンジが無料で利用できる。

一望しても、かなり保険・保証特典が充実しているのがわかると思います。

破損・盗難など万が一の時にはショッピングプロテクションで保証が受けられるなど、非常に手厚いサポートですね。

さらにすごいのは、家電総合保障やショッピングプロテクションワイドなど追加で保険料を支払うことでさらに充実した保険に加入できるということです。

私はこれでApple製品購入時には、AppleCare+には加入せずカード側の保証でAppleCareより上位の保証サービスを受けています。(保証料も格安)

ログインアプリ

また、カード利用額などは専用アプリにログインすることで確認できるようになっています。

入会費は29,000円(税抜き)と一般的なカードに比べてかなり高めです。

しかし、アメックス・ゴールドが想定している主な顧客は富裕層。

保証・特典の質、カードステイタスの価値から換算すると、決して高くないかもしれません。

アメックス・ゴールドカードで利用できるポイントプログラム「メンバーシップリワードR」については次のようになっています。

項目メンバーシップリワードR
1100円=1ポイント
21度アイテム交換すると通常3年間の保有ポイント期限が無期限に
3対象のお店でポイントが10倍になる、ボーナスポイントパートナーズ
4ポイントで各種支払い可能
5交換可能なアイテムは500種類以上
6マイルや提携ホテルのポイントと交換可能
マイル還元率3%~

ボーナスポイントパートナーズは、アメックスが提携しているレストランや各種ショップを利用するとポイントが10倍になるというものです。

交換アイテムが豊富な点も魅力的ですね。

また、ANAマイルへの交換が等価で交換できるのもこのアメックス・ゴールドの魅力。詳細は以下のページをご覧ください。

アメックスポイントが溜まってきたので。 アメックス・ゴールドを利用して約二年ほどが経ち、溜まったポイントをANAマイルにでも移そうかと思った矢...

アメックス・ゴールドカードの審査に通る年収・基準は?

アメックスを代表するカードといえば、「アメックス・グリーン・カード」と「アメックスゴールド・カード」です。

2つのアメックスカードは特典など、どれほど違いがあるのでしょうか?

カード徹底比較でアメックス・ゴールドカードの特徴を探りましょう!

アメックス・ゴールドカードに招待されるための審査条件についても解説します。

グリーンカードとの違い

まず、カードポイントの仕組みに関して2枚に違いはありません。

差がでてくるのは年会費、トラベル系の保険・保証特典、各種カードプロテクションの3項目です。

カードの年会費は以下のようになっています。

アメックス・グリーンアメックス・ゴールド
年会費12,000円+税(初年度無料キャンペーンあり)29,000円+税(初年度無料キャンペーンあり)

グリーン・カードとゴールド・カードでは年会費に17,000円の違いがあります。

初年度無料キャンペーンは共通サービスですね。
(キャンペーンは友人からの紹介、提携サイトから申し込み、など条件があり、申し込みに際して注意が必要です)

次は旅行に関するカード特典を紹介します。

項目アメックス・グリーンアメックス・ゴールド
空港ラウンジ
手荷物配送無料宅配
空港送迎サービス
プライオリティ・サービス
空港クローク・サービス
無料ポーターサービス
エアポート・ミール
海外用レンタル携帯電話の割引
空港パーキング
海外旅行保険最大5,000万円(利用付帯)最大5,000万円(自動付帯) 最大1億円(利用付帯)
国内旅行保険最大5,000万円(利用付帯)最大5,000万円(自動付帯)
旅行保険家族特約×海外旅行最大4,000万円(自動付帯)
国内旅行最大1,000万円(利用付帯)
航空便遅延費用保証×
海外での日本語サポートグローバル・ホットラインオーバーシーズ・アシスト
予約サービスエクスペディア利用可ゴールド会員専用予約サイト「アメリカン・エクスプレス・トラベル・オンライン

旅行保険の保証金額に差がありますね。

ゴールドカード利用者の家族も旅行保険が適用される「旅行保険特約」もゴールドカードのみの特典です。

「遅延保証」特典では空港において航空便が遅延した時に金銭的な保証を受けられます。

プロテクション特典の内容も比較してみましょう。

項目アメックス・グリーンアメックス・ゴールド
オンライン・プロテクション
ショッピング・プロテクション(年間500万円)
リターン・プロテクション
紛失・盗難時のカード臨時発行
キャンセル・プロテクション×

アメックス・ゴールドカードには保証が一つ多くなっています。

キャンセル・プロテクションとは、予約していたコンサートなどに行けなくなった場合の支払い負担を年間10万円まで保証してくれる特典です。

アメックスグリーンはアメックスゴールドと比較して特典面の限度があるのです。

3項目で見るアメックス・ゴールドカードの特典内容

ここまでアメックス・ゴールドカードならではの魅力的な特典について解説してきました。

次は、アメックス・ゴールドカードの優待内容、審査条件をさらに詳しく比較検証してましょう。

1.空港でのラウンジ特典

アメックス・ゴールドカードでは、空港での航空機遅延に損害金を保証してくれる特典があることは先述しました。

空港ラウンジ利用についてもアメックス・グリーンカードと違いがあります。

アメックス・グリーンカードの場合本人+家族の空港ラウンジ利用が無料になります。

アメックス・ゴールドカードに付帯する「プライオリティ・メンバーカード」はどうでしょう。


国内外700箇所以上のVIPラウンジがカード利用者本人と家族カード利用者まで無料になる
のです。

通常の空港ラウンジの場合椅子が並んでいるだけ、ザ・休憩所という感じです。

アメックス・ゴールドカードで利用できるVIPラウンジの場合ネット環境にシャワー完備、無料の軽食やドリンク提供などが特徴です。

羽田空港ラウンジ

ビジネス旅行だとネット環境があるのは嬉しいですね。

また、比較的空いており快適に利用できるのもVIPラウンジの魅力です。

荷物は空港から自宅まで無料宅配してもらえます。

ビジネス、家族旅行問わず活用できる特典ですね。

2.保証関係

アメックス・ゴールドカードは保証・保険関係が大変充実しています。

カードを使いAmazonなどのネット決済する場合、カフェなど公共空間では、第三者の不正アクセスが気になる場合がありますよね。

「オンライン・プロテクション」はネット上のカードの不正利用被害を60日以内であれば保証してくれます。

ショッピング・プロテクション」は購入した商品が破損や盗難の被害にあった場合90日以内であれば損害保証してもらえる特典です。

新品かつ動作に問題がない、カード購入した商品のキャンセルをお店側が断った場合保証が受けられる「リターン・プロテクションという特典も魅力的です。

各カード共通の保証に加えて、アメックス・ゴールドカードには「キャンセル・プロテクション」があります。

海外旅行や演劇などのチケットをアメックス・ゴールドカードで購入したがキャンセルせざるをえない場合、年間10万円までの保証が受けられるのです。

キャンセル・プロテクションが保険になり、ショッピングでも安心してアメックスゴールドカードが利用できますね!

3.グルメ、娯楽系

アメックス・ゴールドカードではグルメや娯楽の特典も豪華なものになっています。

ゴールドダイニングby招待日和

「ゴールドダイニングby招待日和」は国内外約200のレストランでアメックス・ゴールドを使い2人以上で予約した場合、1名分の料理が無料になるという特典です。

ゴールドダイニングが利用できるレストランは、そのエリアの名店ばかり。


通常1名あたり1万円超えするような料理が1名無料
になるので、実質50%オフでの利用になるといえます。

通常、招待日和は年会費32,400円で医師と運営会社が招待する個人しか利用できません。

招待日和単体では入会が困難なプレミアサービスなのです。

招待日和はアメックス・ゴールドを保有するだけで加入できます!

ダイニングトレンド

ぐるなびとアメックス・カードが共同開発した飲食店検索システムがダイニングトレンドです。
アメックス・ゴールドカードの利用実績をもとに1,500の飲食店をライフスタイル等に応じて分類。


一人一人の嗜好にあった最適なレストラン選びを実現する特典
として人気があります。

また、ダイニングトレンド利用者限定の割引クーポンなどお得なキャンペーンも多数用意されています。

専属コンシェルジュレベル!?の電話サポート特典

アメックス・ゴールドカードには会員専属コンシェルジュはつきません(プラチナカード以上にはコンシェルジュサービスがあります。)

しかし、ゴールド・カードの電話サポート特典もコンシェルジュに負けず劣らず魅力的です。

例えばオーバーズアシストとして、海外旅行で活用できそうなサポートとして

・電話での簡単な通訳

・病院、医師、弁護士の紹介
・ホテルなどの紹介、申し込み、取り消し
・レストランの紹介、申し込み、取り消し

・ゴルフ場や劇場など娯楽関連での案内、予約、取り消し
・フラワーデリバリーサービス

などがあります。

 

どれもつい利用してみたくなりそうですね。

特に通訳サービスは、頻繁に海外でカードを使い支払いする方は活用できる特典といえます。

アメックスの審査条件・年収

ここまで、アメックス・ゴールドカードの高いステータス性と豪華特典を解説してきました。
アメックス・ゴールドカードを利用するにはどのような審査条件があるのでしょうか。

アメックスが提示するゴールドカードのインビテーション条件は以下のようになっています。

年齢20歳以上
居住日本国内に定住している方
収入日本国内で定職、安定収入がある方
その他他のクレジットカードやローンで滞納などがない方

これに加え、年収面では他社ゴールドカードの入会基準が年収400万~500万くらいであることから一つの目安として考えられます。

また、会社の勤続年数や家族構成なども審査の評価に影響するといわれています。

一概に基準を図るのは難しいのです。

以前はアメックスカードの申し込み年齢が25歳からであったことを考えると審査の間口は広がっているといえるでしょう。

はじめて選ぶならアメックス・ゴールド!?人気のある3大カードと比較!!

2019年現在、日本国内で発行できるゴールドカードは数十種類以上にのぼります。

「ゴールドカード入会するなら、最大限活用できてお得なカードはどれ!?」

これからゴールドカードの申し込みを考えている方は悩む部分だと思います。

この項目では、アメックスゴールドと並ぶハイクラスカードの入会条件や特徴を一挙紹介します。

まずは、世界初のクレジットカードでありゴールドカードの代表的な銘柄「ダイナースクラブカード」を見てみましょう。

ダイナースクラブカード

世界のどの国においても翌月一括払いで利用限度に制限を設けないこと(厳密には個別に制限あり)をポリシーとする世界基準のステータスカードです。

年会費22,000円(税別)
限度額一律の制限なし
発行スピード2~3週間
ポイントシステムダイナースクラブリワードプログラム
ポイント還元率0.3~0.4%
マイレージ還元率(最大)1.0%
ETC年会費無料
海外・国内旅行保険最大1億円

その他ダイナースの特徴としては。

・最高500万円保証のショッピングプロテクション・24時間利用できるコールセンター
・医療対応の海外トラベルデスク
・名門ゴルフ場を優待価格で利用可能
・レストランで1名分が無料になる「エグゼクティブダイニング」

などがあります。

・指定のレストランをダイナースで予約した場合当日の決済やサインなしで帰れる
「ダイナースクラブ・サイレンス・スタイル」

・通常では予約が難しい料亭が予約できる
「料亭プラン」

など、ダイナースの名の通りレストランに関係するサービスが充実しています。

審査条件は明確な基準が公開されていません。

ただし、かつて存在したWEB上でのクイック診断には

・27歳以上
・安定した収入、定職があること・過去1年の滞納などがないこと

といった項目がありました。


かつてより申し込み条件が穏やかになっている
ことが伺えますね。

次に日本初の国際ブランド「JCBゴールドカード」を紹介します。

JCBゴールドカード

年会費初年度無料
次年度以降10,000円(税別)
限度額最高300万円(審査により個別限度額が決定)
発行スピード最短翌日
ポイントシステムOkiDokiポイント
ポイント還元率0.3~1.25%
マイレージ還元率(最大)0.3~0.78%
海外旅行傷害保険最高1億円


JCBゴールドカードは国内加盟店No.1
約100種類に及ぶサービスを提供するJCBのステータスカードです。
一番のポイントは、そのシェア数でしょう。

海外の有名ショップなどと提携しているため世界2,290万以上のお店で利用することができます。

また、JCBゴールドカードで2年間年間100万円を使った方に「JCBゴールド・ザ・プレミア」のインビテーションが届くようになっています。

このカードも、指定のレストランが30%オフになる「ダイニング30」やアメックスの項でも紹介したラウンジ利用パス「プライオリティパス」が使えたりと魅力的です。


保険も
最大1億円とかなり高額ですね。

国内利用中心で海外旅行も行くという人には魅力的なカードと言えるでしょう。

審査の条件は「20歳以上で安定した収入のある方、学生を除く」となっています。

ただし、JCBカードの利用実績がない場合だと年収などの審査基準が上がってしまうようです。

楽天ゴールドカード

年会費2,000円(税抜)
限度額最高200万円(審査により個別に金額決定)
発行スピード最短1週間
ポイントシステム楽天スーパーポイント
ポイント還元率1.0~10%
マイレージ還元率
海外旅行傷害保険最大2,000万円
空港ラウンジ国内28箇所+国外3箇所カードラウンジ無料(同伴者は有料)

楽天ゴールドカードの特徴は2,000円という圧倒的な年会費の安さでしょう。

しかし、国内主要空港とハワイのホノルル空港、韓国の仁川空港のカードラウンジが利用できます。

審査条件も、20歳以上で安定した収入があればインビテーションなしで申し込み可能です。

若い方で「ダイナースクラブカードの申し込み条件には実績や年収が足りない」といった人でも視野に入れられるカジュアルさが魅力のカードと言えますね。

こちらはポイントのマイレージ還元には利用できないカードなっています。

アメックス・ゴールドカードの気になる口コミを徹底検証!!

カードを選ぶ時には、実際に利用している人がどう評価しているかも気になるところですね。

ここからは、アメックス・ゴールドカードを実際に使用している人の口コミも見てみましょう。
まずはアメックス・ゴールドを好意的に評価する口コミから紹介します。

良い口コミ

 


「関空まで荷物を一つ無料で送れるのは便利。年に何度でも

遅延のとき、領収書ナシで食事代ホテル代も負担!これはわりと嬉しいサービスだった。
ポイント重視なら楽天だけど、海外旅行保険とか、もろもろの付帯はこっちのほうがいいかな」

審査がとにかく爆速で、Webで申し込んだらその場で承認が下りるという素晴らしいスピードでした。
カードも1週間程度で届きましたし、まずこのあたりから満足です。
ポイントも電子マネー系でポイントは付きませんが、おおむね1%程度付きますし、満足です」

「コールセンターの対応も良くアプリも使いやすい。
結婚しててまだ子供がいないからある程度お金に余裕があり年2回くらいは海外旅行にいくというような方は持ってて損はないです
僕に取っては最高のカードです」

サービスの対応が良い、というポジティブな評価が多いようですね。

その一方で厳しめな意見も見られました。

悪い口コミ


一度引き落としできなかったら、即カード停止になって、残金があったらしくしつこく電話があり留守電異常なほど入っていました。
電話に出ないと電報きました。」


「申請しておいた過去の利用明細のPDFがダウンロード出来なかったため、カスタマーセンターへ問い合わせたところ、システムエラーの説明を一方的に受け、時間をおいて改めて利用明細のダウンロードが出来ないか確認したところ、ダウンロードを申し込む前の状態に戻ってました。」



このようにサポート面への不満の声も

デメリットさえもアメックスの魅力!?

口コミからカードの良い評価も悪い評価も見えてきますね。

アメックスの審査に申し込む前にデメリットを知っておくとカードを快適に利用できるようになります。

アメックスゴールドカードの口コミとして
とにかくポイント還元率が悪いので解約したい

といったものを見かけます。

アメックス・ゴールドカード最大のポイントは、カードそのものがもつステータス性の高さです。

他社の基準を超えた会員特典の魅力を楽しむのがアメックスカード王道の活用法といえるでしょう。

出張・旅行でマイルがたまるならanaアメックスがおすすめ

ビジネスで出張が多い方だと、マイルがたまりやすいカードを選びたいもの。

マイル還元率を重視する方に紹介したいのがanaアメックスゴールドカード。

 

ana」と「アメックス」の提携カードです。

aneアメックス・ゴールドカードは、ポイント期限がないのが特徴です。

旅でanaを利用すると、マイル還元率は最大で18%近くなります。(※マイルをファーストクラス利用などした場合)

長期的にマイルを貯めることができるなら利用価値があるカードでしょう。

・空港ラウンジが無料で利用できる
・空港から自宅までの手荷物配送無料
・300万円の海外旅行保険

など、魅力的なアメックスの特典も利用できます。

anaアメックス・ゴールドの年会費は31,000円と高め。

anaアメックスゴールドカードはステータスではアメックス・ゴールドに劣ります。
利用可能店舗もVisaカードやMasterカードに比べ少ないです。

ですが、カード利用でマイルを貯めたい方、家族旅行やビジネスでanaを利用する方には魅力あるカードだと思います。

まとめ 総合的に見るアメックスゴールドカードの魅力

ここまでカード比較や口コミなどでアメックス・ゴールドカードの魅力を検証しました。
アメックス・ゴールドカードの特典・特徴をまとめます。

・アメックスゴールドは海外でのステータス性が抜群に高い
・キャンペーンを活用して入会すると初年度無料
・VIPラウンジなど空港で豪華な特典が付帯
・アメックス・ゴールドのレストラン割引などは評価が高い
・電話サポート特典の充実
・キャンセルプロテクションなど保証関係が評価されている
・ポイント還元率は高くはない
・マイル還元率は3%以上と高め
・ゴールドカードは以前より審査の間口が広くなっている

空港で利用できるVIPラウンジや、レストランの予約優待、割引はアメックス・ゴールドの強みです。

高めの年会費を払っても高級レストラン等での優待を利用してみたいという人

そんな方にはアメックス・ゴールドカードの特典は魅力的ですね。
JCBゴールドカードでワンランク上のサービスとして提供されているプライオリティパス

アメックス・ゴールドでは入会特典として標準提供されます。

また、ダイナースカードなどに比べ年齢など審査条件が緩い点も魅力的です。


アメックス・ゴールドカードは魅力的な特典と年会費のコスパに優れた優秀なカード
と言えそうです。

この記事がアメックス・ゴールドカードの利用を検討する方に活用していただけたら嬉しい限りです。

今すぐアメックスを申し込む

アメックスの審査・申し込みはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

意外に重要なのが勤続年数と居住年数。

だいぶ緩和されたAMEXの審査

アメックスのカードについてと審査の基準

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの審査~発行までの流れ ※申...

ANAアメックスカードはこんなに使える!?  7大カード比較と口コミで検証!!

アメックスカード(アメリカン・エキスプレス・カード)審査、二つのポイント