アメックスカードの審査 意外と通るってホント?

アメックスのカードについてと審査の基準

クレジットカードを所有することによって、非常に生活が楽になります。財布の札や小銭を持つ必要がなくなりますので、財布が重くなりません。

また、会計を簡略化することが出来ますので、スピーディーに会計を済ませることが出来ます。クレジットカードを所有するためには、当然ですがカード会社と契約する必要があります。

このときに注意しなければならないのは、出来るだけ良いカード会社と契約するということです。

特典が多かったり保険が充実しているカードを所有することで、さらに便利にクレジットカードを使うことが出来ます。

その中でも、非常に充実して使用することが出来るのがアメックスのクレジットカードです。

アメックスのクレジットカードは、通常のものはグリーンですが、違う会社のゴールドカードに相当するくらいの価値があります。ですので、グリーンカードとも呼ばれています。その内容は非常に優れているものでして、本会員や家族会員でも年会費が掛かります。無料で使用することが出来るクレジットカードもありますが、年会費に見合うくらいのサービスが備えられています。

当然ポイントも貯まりますので、ポイントを活用することが出来ます。クレジットカードと言えば空港ラウンジの使用ですが、アメックスのクレジットカードは日本人が行く機会の多いホノルル国際空港のラウンジを利用することが出来ます。

この際には、同伴者も1人入ることが出来ます。特典も非常に充実していまして、日本のみならず海外でも利用することが出来る特典やクーポンもあります。

アメックスで気になるのがカードの審査基準です。非常にランクの高いクレジットカードですので、審査は厳しいものになっています。基本的には定職のある20歳以上ということになっています。

アルバイトや無職では当然ながらカード審査に通ることは絶望的です。定職があった場合でも、年収によっては断られてしまう可能性があります。400万円以上年収があると大幅に審査が通りやすくなります。

アメックスカードの審査は難しい?

アメックスカードですが、ステータスがあるからこそ審査にも一定の基準があり他社に比べると審査が厳しいという噂も耳にします。そのような話を聞きなかなか申し込む気になれず持っていないという人も多いのではないでしょうか。

確かにアメックスは独自の審査方法を取っており他のカード会社の審査に比べて少し厳しめの傾向があるようです。

特にアメリカン・エキスプレス・カードに関してはすごく収入が高い、というよりは安定した企業にそこそこ長く勤めている事、や他のクレジットカードの使用の仕方が問題ないことなどが重要視されているようです。

勤続に関しては長くといっても2~3年程度で十分なようなので、転職したてなどで審査に落ちてしまった場合は数年たってからリトライしてみると収入はさほど変わらないのに審査が通ったという事もあるかもしれません。

その他にもアメックスが他者と提携しているカードの方が審査が通りやすい、という話もあります。セゾンやANA,MUFGなどと提携をしているので特にこだわりがない方は提携カードを申し込んでみるのもアメックスユーザーになる近道かもしれません。

また、グリーン以上のゴールドカードやプラチナカード、最もグレードの高いセンチュリオンカードなどに関しては何はともあれアメックスでの利用実績を作ることが一番の近道です。

アメリカン・エキスプレス・カードの審査に通ったら、少ない金額でも良いので毎月コツコツと使う事。そしてもちろんですが支払いの延滞などをしない事です。そうすることでいずれ、アメックス側の審査基準に達した際には次のグレードへのインヴィテーションが届くようです。

アメックス審査で可否となる条件とは?

10年くらい前に初めてアメックスのカードを申し込みをして、審査が可決になり、カードを持つことができるようになりました。実はその前には否決になった経験もあります。その否決になった時と可決になった時の状況から、どんな点に気をつければ良いのか、自分なりに分析し、書いてみたいと思います。

一般的なことですが、延滞の履歴がある場合や自営業の方はなかなか可決になりません。延滞履歴というのは、口座振替の場合に返済日に残高不足になったりする場合です。特に最近問題になっているのは、携帯料金でしょうか。カード審査の際に否決の理由として以外に多くなっています。特に若い方でしょうか。

さて、審査の際に一番重視されるのは、年収であることは間違いありません。それと、勤務先。また、勤続年数、居住年数などが重要ポイントかと思われます。

年収は、当然、返済能力があるかどうかの一番の判断基準です。そして、勤務先も重要です。一流企業、地元有料企業、公務員、準公務員など。準公務員は農協などに勤務する方をいいます。一流企業、公務員は全然問題ありません。他のローン審査の際もそうですが、一流企業、公務員は優遇される傾向にあります。

意外に重要なのが、勤続年数と居住年数ではないでしょうか。勤続年数は、その人の忍耐力というか継続性があるかどうかの判断基準なのでしょうか。居住年数も同様だと思います。

転職を繰り返したり、転勤以外の転居の繰り返しは年収の不安定や貯蓄の少なさの不安がありますので、意外に重要なポイントかもしれません。

それ以外には、他のローンがどのくらいあるか。だいたい自己申告で記載するようになっていますが、カード会社が全国金融関係の協会に加盟しているため、個人情報の共有化がされています。嘘の申告をしても、個人情報の照会を取るとわかりますので、これは正直に申告をしたほうが良いと思います。そのため、カードの事故歴や延滞歴なども共有していますので、気をつけなければならないわけです。

今すぐアメックスを申し込む

アメックスの審査・申し込みはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを持つための最低条件とは

新生アメックス・プラチナカードは必携!?  人気アメックス・ゴールドと徹底比較&...

セゾン・アメックスが海外で強いワケとは!?  5大特徴を徹底解説&カード比較!!

アメックスカード審査で重要なポイントとは?

アメックスブラックが今のステータスカード

アメックスの4種類のカードと審査について