CATEGORY:審査

絶対に押さえておきたいアメックスカードの7つの審査基準とは?

アメックスカードへの申し込みは、審査基準を正しく理解しておくことが大切です。

まずは、自分が入会資格をクリアしているかをチェックしましょう。

現在の収入や勤続年数も大切な情報になります。

ただ、それ以外のどんな要素が審査に影響を与えるのかについては、あまり一般的ではありません。

アメックスカードの審査を実際に通過した人たちによる経験則もあれば、ネット上での噂に過ぎないものもあるでしょう。

審査を有利に進めるためにも、押さえておきたいポイントを詳しく解説します。

 

申し込む前に注意しておきたいポイント

アメックスカードは、「アメリカン・エキスプレス・カンパニー」が発行するクレジットカード、「アメリカン・エキスプレス・カード」の略称です。

世界でもっとも有名なクレジットカードの1つであり、所持していることがステータスとなるカードといえます。

利用者には豊富なサービスや特典が提供されており、特に、旅行や仕事で海外へ頻繁に足を運ぶ人は重宝するでしょう。

世界中の空港、ホテル、レストランなどで、アメックスカードを提示したときに向けられる敬意や信頼を実感できます。

憧れをもって見られることの多いアメックスカードですが、その審査基準についてはあまり知られていないのではないでしょうか。

いつかアメックスカードを持ちたいと考えている人も、審査に関する情報をチェックしておきましょう。

ところで、日本のクレジットカード会社で審査が通らなかった人が、アメックスカードの審査には通ってカードが持てたといった話がネットなどで出回っているようです。

こういったことも実際にあるかもしれませんが、だからといって、アメックスカードの審査が甘いかというとそんなことはありません。

アメックスカードにおいても入会資格というものが定められています。

カードの種類によって違いはありますが、基本的には満20歳以上で国内に定住所を持っていなければなりません。

それに加えて、定職に就いており一定金額以上の安定的な収入があることが前提です。

クレジットカードやローンなどの延滞がないことも判断基準となります。

アメックスカードの審査は、過去の経歴などでマイナスポイントが見つかっても、他の要素とのバランスを考えるといった傾向が強いようです。

そして、その他の要素の大部分を占めるのは、現在の年収や勤続年数になります。

つまり、アメックスカードは、過去よりも現在その人がどのような状況かを重視してくれるといっていいでしょう。

こういった意味で、アメックスの審査が他のクレジットカード会社のものと異なるというのは、経験則として認知されているようです。

 

審査にプラスとなる要因

クレジットカード会社がなぜ審査を行うかというと、そのカードを使うことになる人物の信用度を確認するためです。

クレジットカードは後払いのサービスとなるため、支払い能力のない人がカードを使って買物をしてしまうと、その店舗も、カード会社も、ひいては利用者本人も困ることになります。

そういった当事者たちの不利益を避けるためにも、返済能力の有無を精査しなければなりません。

そのときに重視されるのが「信用」と「安定」です。

まずは、「信用」の面では、過去にクレジットカードを延滞したことのある人や、借金が支払えなくなって債務整理を経験したことのある人などは、マイナスポイントになるでしょう。

延滞と債務整理の記録は、信用情報機関に記録され少なくとも数年間は残ります。

クレジットカード会社や銀行は、その信用情報を参照することで審査を行うのです。

過去に借金をしたからといって、その人が同じことを繰り返すとはいえません。

ですが、限られた情報からその人の返済能力を判断しなければならない都合上、そういった経歴は審査を有利にすることはないでしょう。

アメックスカードの場合は、過去の経歴のみを理由にして、審査を通過させないといったことはないようです。

しかし、審査中にも関わらず、他社のクレジットカードで支払いを滞納している人などは、審査通過は難しいでしょう。

次に、「安定」の面では、公務員や士業など安定した職業に就いている人のほうが、アメックスカードの審査を通りやすいといえるでしょう。

やはり、安定した職業と収入というのは、返済能力の有無に大きな影響を与えるからです。

大手企業に務めている正社員なども同様でしょう。

ただ、正社員とはいっても入社したばかりの新入社員の場合には、審査のうえであまりプラス要素にはならないようです。

3年以上の勤続年数というのが1つの基準となっており、それを超えるとクレジットカード会社は求める基準をクリアしたと認めます。

勤続年数が不足している人は、焦らずに条件を満たすまで待ったほうがよいでしょう。

 

最初からゴールドカードに申し込んではいけない?

アメックスカードにはさまざまな種類があります。

その中で、もっとも知名度が高いのが、アメックス・グリーンと呼ばれるスタンダードなカードと、それをランクアップさせたアメックスゴールドカードでしょう。

とくに、ゴールドカードは手厚いサービス内容とともに、富裕層のステータスシンボルとして高い評価を得ています。

アメックス・グリーンの年齢に関する入会資格が20歳以上だったのに比べ、ゴールドカードは25歳以上です。

あえて年齢に差をつけているのは、収入、クレジット・ヒストリーなどの面で、より高いレベルの信用度を望んでいると想像できます。

アメックスカードを利用している人たちの経験則でいうと、アメックス・グリーンの審査における年収の目安は300万円程度、ゴールドカードの場合には400万~500万程度となるようです。

アメックス・グリーンを持っていなくてもゴールドカードに申し込むことは可能です。

ただ、審査に1度落ちると、信用情報機関にその記録が6カ月間残ります。

そうなると、クレジットカード会社によっては、通常よりも審査通過が難しくなるといったことがあるようです。

最初から審査の厳しいゴールドカードに申し込むよりは、アメックス・グリーンを先に入手するというのも1つの手です。

アメックス・グリーンは、他社のクレジットカードではゴールドカードに匹敵する補償内容とサービスだと評されるほど優れています。

旅行や仕事のために所持しておくには十分といえるでしょう。

しかも、アメックス・グリーンを長く使い続けていると、ゴールドカードに招待されるというシステムがあります。

招待ともなれば、すでに条件面ではクリアしたも同然です。

このような自然な流れでゴールドカードを入手するのが、もっとも確実性の高い方法となります。

 

アメックスゴールドカードに招待されるための条件

アメックス・グリーンを使い続けることで、その利用者の返済能力が明らかになります。

延滞などのトラブルを起こさずに、クレジットカードを使っていることがわかれば、それは利用者の実績となるのです。

カード会社はその実績を評価して、ゴールドカードへの招待を知らせる通知を送ってきます。

ゴールドカードへ招待されるためには、アメックスカードを定期的に使用していることが大切です。

カードをあまり必要としていない人に、ランクアップしたゴールドカードの招待をすることはないでしょう。

アメックス・グリーンは豊富なサービスが提供されているので、旅行やショッピングなど、意識的にカード支払いをするように心がけましょう。

使用実績をもっと積みたいという人は、家賃や光熱費をカード決済するのがおすすめです。

毎月、必ず支払わなければならない出費となるため実績作りには最適です。

また、アメックスゴールドカードを持ちたい人が延滞をしてはいけません。

口座への振り込みを忘れるのはしばしば起こることでしょう。

口座をいくつか持っている人は、とくにその危険性が高くなります。

しかしながら、延滞は信用情報において決して小さくない傷です。

ゴールドカードへの招待を望むのであれば、クレジットカードの支払日を確かめて支払いをしっかりと行っていきましょう。

すぐにでもゴールドカードを持ちたい人は、いつまで招待を待てばよいのだろうかと考えてしまうかもしれません。

しかし、こればかりは明確な期間がないようです。

アメックスカードを日常的に使用していたら半年程で招待が届いたという人もいれば、1年半ぐらいかかったという人もいます。

個人差があるため、気長に焦らず実績作りを続けていくことが大切です。

 

派遣社員や契約社員でも審査は大丈夫?

アメックスカードの審査には正社員が有利とされています。

返済能力を考えた場合、安定しており信用がおけると判断される可能性は高いでしょう。

では、派遣社員や契約社員では審査は通過できないのかというと、そんなことはありません。

正社員でなくても、ある程度以上の収入と勤続年数があれば、アメックスカードを入手できたという体験談がネット上で散見されています。

アメックス・グリーンへの申し込みの場合には、年収300万円、勤続年数3年以上が目安となります。

また、過去に延滞や債務整理などで、クレジット・ヒストリーに問題がないことも重要です。

クレジット・ヒストリーが悪いと、通常以上に審査へ悪影響を与える可能性があるため注意しなければなりません。

 

申し込みに必要な事項をすべて記入することが重要

アメックスカードを申し込む際には、インターネットによるオンライン申し込みがおすすめです。

その他にも、必要書類を取り寄せて郵送する方法や、電話による申し込みもありますが、オンライン申し込みに比べてカード発行までの期間が長い傾向があります。

申込書の必要事項はすべて埋めることを心がけましょう。

正確な情報を記載することは必須です。

勤務先へ在籍確認が行われる場合がありますが、その情報に間違いがあれば審査を通過することは難しくなります。

自宅にある固定電話の番号や郵便番号などもしっかりと記入しましょう。

預貯金や有価証券などの情報についても、できるかぎり正確に記載したほうがよいです。

どういう書き方をすれば、審査をする人たちに自分の信用度を高めてもらえるのかを考える必要があります。

必要事項の空欄は埋められてこそ生きた情報に変わり、それが評価のためのポイントにつながるのです。

別に書く必要はないだろうと自分で判断せずに、求められている情報をすべて記入していきましょう。

 

複数の申し込みを同時に行わない

アメックスカードの申し込みを行うときに、他のクレジットカード会社にも同時に申し込みをするのはおすすめできません。

複数の申し込みは、俗に「申し込みブラック」と呼ばれ、カード会社に悪い印象を与えてしまう原因になります。

その情報がなぜカード会社にわかるのかというと、信用情報機関に複数の申し込み情報が同時に登録されるからです。

複数の申し込みを行っていることが判明すると、カード会社はその人物が資金繰りに困っていて、自由になるお金をどうにかして作ろうとしているのではないか、という風に考えます。

そして、カードの利用代金をきちんと返済してもらえるかが疑わしくなり、審査に悪い影響を与える可能性が高いのです。

海外旅行に行く予定が決まっていて、どうしてもその前にクレジットカードを作りたいという人もいるでしょう。

こういう事情があれば、複数社への申し込みを同時に行う行為にも理由があることがわかります。

カード会社としてはそうした事情は分かりませんので、申し込みをした人物がお金に困っているのではないかという疑念を持ってしまいます。

最終的には、本人の説明や信用情報の精査で本当の事情が判明するかもしれません。

ですが、審査に悪い影響を与える可能性のあることをわざわざしなくてもよいでしょう。

信用情報機関に記録が残るのは半年間です。

クレジットカードの申し込みを一度行ったら、半年間は待ってから他の申し込みを始めましょう。

 

申込内容に虚偽や誤りがないようにする

申し込みをする際、その内容に虚偽や誤りがないように気をつけることは基本です。

誤りというのは、漢字変換のミスも含まれます。PCでの住所入力などにこの誤りが多いので気をつけましょう。

虚偽情報に関しては、それが重大なものであった場合には、「虚偽報告者」としてカード会社に登録されてしまいます。

そうなると、現在利用しているクレジットカードは停止され、残金の一括返済をしなければならなくなる可能性まででてきます。

当然のことながら、新たなクレジットカードを作ることもできません。

また、無職であるにもかかわらず会社に勤めていると記入した場合、在籍確認を行うだけで虚偽が判明します。

過去の延滞などに関しても、信用情報機関に照会することで記録をチェックすることが可能です。

虚偽情報はすぐに判明してしまうため、申し込み内容には正確な情報を記入しましょう。

一度審査を通過したとしても、その後で利用者の状況が変化した場合には、クレジットカードの利用が制限されたり、止められたりする可能性もあります。

カード会社は定期的に利用者の状況を調べているのです。

これを「途上与信」と呼びます。この途上与信によって、現在の返済能力に疑問がでてきた場合には、キャッシング枠が減額されるなどの処置が行われる可能性があるのです。

利用者には知らされずに処置が実行されることも多いため、突然カードが使えなくなった、キャッシングができなくなったということが起きます。

クレジットカードの使用や返済に関係することで状況が変化した場合にも、カード会社に正確な情報を伝えておきましょう。

 

Webからの申込手順

Web上でのオンライン申し込みは手軽で簡単です。

郵送や電話による申し込みよりも、カード発行までが短くなる傾向があり、多くの人がオンラインによる申し込みを選択しています。

アメックスカードにはさまざまな種類があります。

アメックス・グリーンとアメックスゴールドカードの他にも、航空会社やホテルグループなどと提携して作られたカードなど、公式サイトには15種類ものカードが並んでいるのがわかるでしょう。

まずは、その中から自分の希望するカードを選んでください。

次に、申し込みフォームに必要事項を入力していきましょう。

申し込みフォームは、本人確認情報にはじまり、連絡先、収入などの項目に分けられています。

すべての空欄をできるかぎり埋めることが大切です。

漢字変換による誤字・脱字に気をつけて、正確な情報を入力するように心がけます。

申し込みフォームを送信した後は、クレジットカード会社による審査が行われます。

早ければ数日、遅い人でも2~3週間で審査は終わるでしょう。

申し込みをした本人はただ待つのみです。

ただし、本人確認書類のコピーを提出するように求められる場合もあります。

運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、健康保険証などのコピーを、カード会社の指示の通りに提出してください。

審査に通過したとの連絡を受ければ、いよいよ新規カードが届きます。

その際に、本人確認のための公的証明書類を見せなければなりません。

運転免許証や健康保険証などで大丈夫です。この本人確認作業が済まなければカードは渡してもらえません。

事前にきちんと用意しておくことをおすすめします。

カードは届いたそのときから使用することが可能です。

カードの裏面に署名を済ませておきましょう。

 

アメックスのプロパーカードには4種類がある

アメックスカードでもっともメジャーな2枚といえば、アメックス・グリーンとアメックスゴールドカードでしょう。

どちらも世界基準で高い補償内容とサービスを誇っています。

さすがに、ゴールドカードのほうが補償額その他でランクが上ですが、グリーンであっても旅行や仕事、普段使いにおいて十分に活躍できる1枚です。

あなたの財布からアメックスカードの象徴である精悍なローマ兵士の顔がちらりと見えたら、言葉を費やすことなく確かなステータスを主張してくれるでしょう。

アメックスカードには、ゴールドカードのさらに上のランクとされる2枚のカードが存在します。アメックス・プラチナとセンチュリオンです。

とくに、センチュリオンはブラックカードと呼ばれ、アメックスカードの中で最上級の1枚といわれています。

プラチナとセンチュリオンですが、個人が希望して持てるカードではありません。

アメックスカードの利用者の中で、収入や利用額などさまざまな情報を考慮に入れた末に、選ばれた人だけがカードの保有を招待されるのです。

自分の希望では所持できず、カード会社に選ばれた人だけにチャンスが与えられるというのは、最高のステータスかもしれません。

 

入会勧誘からの申し込みは有利に働く?

大型スーパーなどで行われている、アメックスの入会キャンペーンを見たことがありませんか。

こういった入会勧誘からの申し込みは、審査に有利に働くという話があります。

実際のところはどうなのでしょうか。

キャンペーンで入会勧誘を行っている人たちには、入会者数についてのノルマがあるようです。

ノルマを達成するためには、できるだけ多くの人に声を掛けて、アメックスカードについての話を聞いてもらわなければなりません。

お客さんにそこまでしてもらっておきながら、審査を厳しくして落としてしまうというのも印象が悪いです。

カード会社だけでなく、勧誘のためのスペースを貸しているスーパーの印象まで悪くなってしまうかもしれません。

そこで、審査を多少甘めに設定して、お客さんの顔を立てながら、ノルマもこなしていくということが起こる可能性はあるでしょう。

ただし、入会勧誘からの申し込みは審査がゆるくなるといった事実は、はっきりと確認されているわけではないので注意してください。

 

年収300~500万円程度が1つの基準

アメックスカードの審査を通過するための基準として、年収300万~500万円程度というのは1つの目安といわれています。

アメックス・グリーンであるならば、年収300万円程度で3年以上の勤続年数。

アメックスゴールドカードならば年収400万~500万円程度で、入会資格がグリーンよりも5歳プラスの25歳以上なので、それ相応の勤続年数を必要とすることになるでしょう。

アメックスカードの審査基準は年収や勤続年数だけではありません。

勤務している会社や雇用形態、クレジットカードヒストリーなど、個人の信用度に関わる幅広い調査が行われることになります。

それでも、現在の返済能力を判断する際に、年収は大きな要素となることは間違いないでしょう。

 

アメックスカードを日常的に使ったほうがいい

アメックスカードには手厚い補償やサービスだけでなく、ポイントによる特典があります。

ポイントは航空会社のマイレージなどと交換できる他、ホテル料金、オリジナルアイテムとの交換、対象店舗でのショッピングなど、さまざまなシーンで利用可能です。

アメックスカードを使えば使うほどポイントが貯まっていくため、大きな買物だけでなく日常的にカードで支払ったほうがお得といえます。

家賃や光熱費、コンビニでの支払いなど、アメックスカードをフルに利用しましょう。

アメックスカードを日常的に使うことは、カードのランクアップにもつながる可能性が高いです。

アメックスカードは、グリーン、ゴールド、プラチナ、センチュリオンとランクアップしていきます。

このランクアップには、カード会社からの招待が重要な意味をもちます。

とくに、プラチナとセンチュリオンは利用者の希望では所持できないカードなため、招待がなければ入手不可能です。

では、カード会社はどのように利用者を選んでいるかというと、カード利用の実績がもっとも重視されます。

日常的にアメックスカードを使ったほうが、カードの利用実績が積み重なっていき、招待を得るのに有利に働く可能性が高いのです。

現在よりもカードをランクアップしたい人は、どんどんアメックスカードを利用することをおすすめします。

 

ライフスタイルを見つめ直してみる

アメックスの審査に通るためには、普段のライフスタイルを見つめ直すことも必要かもしれません。

たとえば、一度審査に落ちてしまった後は、何度も続けて申し込みをするのではなく、信用情報機関に記録が残っている半年間は活動を休止するといった工夫も必要です。

また、すでに他社のクレジットカードを所持しているならば、クレジット・ヒストリーに汚点を残さないように気をつけましょう。

カード利用代金の引き落とし前に口座への振り込みを忘れただけで延滞になり、それも信用情報機関に残ることを忘れてはいけません。

よいタイミングでアメックスの申し込みができることが理想です。

アメックスカードの利用者で、もっと上のランクのカードに移りたいと考えている人もいるでしょう。

その場合には、大きな買物や旅行代金だけをアメックスカードで支払うのではなく、家賃や光熱費などに関してもカード決済をすれば、カードの利用実績を積むことができます。

自分がどういったものにお金を使っているのか、そして、そのお金はアメックスカードで払うと便利なのかなど、ライフスタイルを見つめ直すことで変えられるものもあるでしょう。

 

審査基準を正しく把握して申し込みを行う

アメックスの審査には、最初に入会資格の確認があります。

この入会資格は、年齢や定住所、定職、一定の収入、他のクレジットカードやローンで延滞がないといった厳格な条件です。

こうした条件は急ごしらえでなんとかできるものではないため、これらの条件をクリアするために努力することがアメックスカード獲得への第一歩になります。

現在の年収や勤続年数ももちろん重要な要素です。

あとは、複数の申し込みを同時に行わないことや、申し込み内容はできるだけすべての空欄を埋めるといったことも大切になります。

審査基準や審査に関わるコツなどをしっかりと把握してから、アメックスカードの申し込みを実行に移しましょう。

今すぐアメックスを申し込む

アメックスの審査・申し込みはこちら