アメックス

なぜ、今アメックスがアツいのか?

アメックスは他のクレジットカードに比べると年会費も高く感じがちです。

しかし、毎月行われるキャッシュバックキャンペーン空港ラウンジの無料利用
さらには提携レストランの2名分が1名無料など十分年会費の元が取れるサービスが存在しているのを気が付いていない人が結構多いんです。

さらにはアメックスのポイントは空港系のマイルに非常に高いレートで交換できることから、格安で国際航空券を手に入れたりと「知る人は知る」サービスが非常に多いのです!

今、アメックスカードを作ろうか迷っている人は当サイトの情報を参考にとりあえず1枚作ってみて夢のアメックスホルダーになってみてはいかがでしょうか?

カードの種類

まずはアメックスカード種類からです。

個人向けプロパー(公式カード)は全部で4枚あります。

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)
アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード(ゴールド)
アメリカン・エキスプレス・カードプラチナ(プラチナ)

アメリカン・エキスプレス・カード センチュリオン(ブラック)

※あくまでAMEXだけの公式カードで、提携カードは含んでおりません。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは、『ステータス』とう面でも非常に評価が高く、年会費が29,000円(税別)と他のゴールドカードの中でも高額であり、現在日本で発行されている中でも最高峰のステータスと言われています。

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードに関しては2018年からインビテーション(招待状)制度が事実上廃止。年会費130,000円(税別)と未だに一般人には敷居が高いながらも、誰でも申し込む事自体は可能いうことになりました。

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードの入会審査自体が廃止とったわけではなく、審査通過には年収も推定1000万以上は必要なのではなかと思われます。

アメリカン・エキスプレス・カード申込ランキング

アメリカン・エキスプレス・カード(ゴールド)

当サイトからの紹介申し込み限定で最大40,000ポイントをプレゼント

やはり一番人気なのがアメックスゴールドカードです。圧倒的な重厚感と存在感のあるアメックスゴールドカードは、一度アメックスホルダーになってしまうともう手放せないとの多数の口コミ。

審査については紆余曲折ありますが、低めの限度額のスタートならば年収400万程度でも通過したという話もあります。

オススメ度
年会費29,000円+税
券面カラーゴールド
ポイント還元率1.0%~3.0%
審査時間1週間程度
公式・提携公式カード
ポイント交換アイテムAmazonギフト件・食事券・提携ポイントプログラム・宿泊券などや航空系マイルへ移行可能
対応サービス空港VIPラウンジ・航空便遅延保証・レストラン優待・海外旅行保険・各種ショッピングプロテクション・チケット優先

今すぐお申し込みはこちらから

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード(ゴールド)

当サイトからの紹介申し込み限定で最大100,000ポイントをプレゼント

【個人ゴールドカードに比べると】
・東京駅から都内ホテルまでの手荷物宅配サービス無料(八重洲北口付近に11:00まで)
・国内の航空機延滞保証がビジネスゴールドのみ付くが、海外の航空機延滞保証が付かない
・ビジネス情報サービス『ジーサーチ』年会費無料で利用
・クラブオフのVIP会員の年間登録料が無料

などなど。個人カードにはない、ラグジュアリーな出張やビジネスニーズを満たすカードです。個人的に一番利用しているのは、取引先の調査などに使える『ジーサーチ』。これだけでも年間6000円以上かかりますから。

こちらのカードは法人カードになりますので、個人の方はお申し込み頂けません。

オススメ度
年会費31,000円+税
券面カラーゴールド
ポイント還元率1.0%~3.0%
審査時間1週間程度
公式・提携公式カード
ポイント交換アイテム食事券・宿泊券などや航空系マイルへ移行可能(参加登録が必要)
対応サービス空港ラウンジ・海外旅行保険・各種ショッピングプロテクション・チケット優先

今すぐお申し込みはこちらから

セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード(ゴールド)
セゾン提携のアメックスカードです。ポイント還元率が少し高く年会費も安いですが、プロパーカードに比べると非常に見劣りします。
オススメ度
年会費10,000円(初年度無料)
券面カラーゴールド
ポイント還元率1.0%~2.0%
審査時間1週間程度
公式・提携セゾン提携
ポイント交換アイテムAmazonギフト券・WebMoney・ANAマイル・JALマイル・その他商品・支払い利用可能・航空系マイルへ移行可能(参加登録が必要)
対応サービス空港ラウンジ・海外旅行保険・各種ショッピングプロテクション・チケット優先・iD・QuicPay

今すぐお申し込みはこちらから

上記は独自にカードを実際に申し込まれた方のアンケートと当サイトのクリック率・申込み数などから算出されたランキングです。

カードごとの審査通過者の年収・申込限度額・勤続年数などの調査結果及び修正結果は以下をご参照下さい。
ランキングの集計について

アメックスカードだけで持つ人のステータスが1ランク上がる

アメックスカードと聞くと、多くの人はクレジットカードの中でもやはりステータスを感じる唯一無二のクレジットカードだと思うものではないでしょうか?

アメックスカードの利用者は他者からどう見えているかを実体験調査してみた

実際、アメックスゴールドカードを持っていると人として夜の仕事を行っている方やキャビンアテンダントなどにそのあたりの話を聞いたことがありますが、やはりアメックスカードをメインとして使われている方は推定年収が高いから接客態度も変わってしまうとの意見が多かったのをよく覚えています。

財布の中にチラッと見えるアメックスカードは男性にとっても見栄を晴れる瞬間と言われています。

しかし、ゴールドホルダー3年目ともなると使い慣れてきてしまい新鮮さは薄れていくのが現状みたいです。

アメックスカードの審査はどうなっている?

このように一種のステータスとなっているアメックスカードですが、実際にカードの審査はどうなっているのでしょうか。

逆にアメックスカードの審査は他のカード会社の審査とはどのような違いがあるのでしょうか。

今日はその点について独自に調査した結果をご紹介したいと思います。

まずアメックスカードの審査は一般的に言って厳しいと言われていますが、なぜそのような評判になってしまうのでしょうか。

それはもちろん個人の状況によって違うのですが、他のカード会社の審査には通っているのに、アメックスカードの審査には落ちてしまったという人が多く、そうした人の口コミがネット上で出回っているためです。

では、実際にカードの審査は厳しいのでしょうか。

実はアメックスカードの場合には審査の基準の中に、その人の現在の預金状態や投資状況などが含まれています。

他のカード会社の場合には、年収や仕事の状況を判断されるのが一般的です。

しかし、アメックスの場合には、ただ年収が基準よりもあるとか、

正社員として長年仕事しているというだけではなくて、トータルでその本人の財務状況を審査されるので他の会社よりも厳しいとされているのです。

アメックスカードでも比較的厳しいのはゴールドカードと言われています。

しかし、年収400万程度で通過したという声も上がっており一概には難しいというのではありません。

例えばですが、年収400万でも上場企業で5年以上安定して働いている方などには持つチャンスは十分あるというわけです。

しかし、プロパーカードの中でも海外出張などが多くクレジットヒストリーがたまっている方などには以下のANAもしくはJALのアメックスカードはマイルも貯まるので比較的オススメです。

また、ただステータスとしてゴールドカードを持ちたい場合に考えたいのは年間の会費です。

年間のカード会費を払ってでも持ちたいと思えないのであれば、お得感をあまり感じないはずです。

プロパーブランドにこだわならいという事であれば、セゾン系のAMEXカードも年会費が実質無料に近いのでオススメです。