持つならどっち?ダイナースとアメックスを比較!AMEXカードの魅力とは

クレジットカードの国際ブランドには、VISAMASTERをはじめとしていくつかの種類があります。

新しくカードを作るのに、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

その中でも、特に世界的にステータスが高いことで知られているのが、アメックスカードとダイナースカードです。

どちらもハイクオリティなカードですが、もし作るならどちらにしたらいいのか悩みますよね。

そこで、今回は2つのカードの仕組みと機能、魅力を比較してまとめてみました。

 

どっちがお得?気になる年会費

カードを持つうえで、まず気になるのが年会費です。

通常のクレジットカードでは年会費が無料だったり、一定の条件を満たすと無料になったりするカードが多い中、アメックスゴールドとダイナースカードは年会費がかかります。

しかし、どちらもハイクラスのカードですので、年会費がかかるのは当然といえるでしょう。

気になるアメックスゴールドの年会費は、29,000円(税別)です。

一方のダイナースは、22,000円(税別)となっており、ダイナースのほうが7,000円ほど安くなっています。

もちろん、この年会費以外にもオプションを付帯するなどして、月々かかる基本料金が変わることもあります。

ただし、サービスの内容やポイントの還元率など特典の程度によって「年会費が安いのか高いのか」の判断は変わってきます。

そのため、一概にダイナースのほうがお得と言い切ることはできません。

しかし、毎月払うお金が安く済むのはダイナースであるといえるでしょう。

 

利用できるお店の多さは?

せっかくステータスの高いカードを手に入れても、使えるお店が少ないとあまりカードを保有する意味がなくなってしまいますよね。

それでは、ダイナースとアメックスの使い勝手はどうでしょうか。

まず、日本国内に限っていうと、結論としてはどちらも大体のお店で使うことが可能です。

ただし、VISAやMASTERよりも加盟店数が少ないため、たまに使えないお店もあります。

ダイナースもアメックスも、JCBと業務提携をしているのでJCBが使えるお店では使える可能性が高くなるでしょう。

ただし、JCBが導入されているからといってすべてのJCB加盟店でダイナースとアメックスが利用できるわけではなく、加盟店ごとに異なるので注意が必要です

いずれにしても、このような理由からアメックスとダイナースはセットで使えることが多いので、あまり国内では差がありません。

しかし、ネットショップや海外での利用になると少し事情は異なります。

まず、ネットショップでは、アメックスのほうが使えるところが多く、ダイナースは受け付けていないところがたまにあります。

次に海外での利用についてですが、こちらは圧倒的にアメックスのほうが使える加盟店が多いです。

それに対し、ダイナースはヨーロッパやアジアでは使えないところがほとんどです。

ただし、アメリカに限っていえばほとんどすべてのお店で使うことができるので、海外はアメリカにしか行かないという方には問題ないでしょう。

まとめると、カードが利用できるお店の多さでは、国内ではほぼ互角、ネットや海外ではアメックスのほうが有利といえます。

 

ポイントのためやすさも重要!

すてきな商品やマイルと交換できるとあって、カードを持つうえでポイントは現金と同じくらい価値のある特典です。

そこで、重要になってくるのが、「いったいいくら金額を利用すればいくら分のポイントがつくか」ということです。

一般的には、還元率と呼ばれています。

この還元率に関していうと、アメックスもダイナースも同じく通常100円の利用で1ポイントが付与される仕組みになっています。

注意しなければならないのが、同じ金額の利用で付与されるポイント数が同じでも、カード会社によって同じ商品を交換するのに必要なポイント数が違う場合があるということです。

つまり、1ポイントの価値がカード会社によって異なるということですね。

その点、ダイナースとアメックスを見てみるとどちらも1ポイントを1マイルに交換できるため、まったく通常の還元率は同じといってよいでしょう。

通常の買い物においてのポイントの還元率は同じですが、カード会社の多くはそれぞれに独自のショッピングサイトを用意しています。

そこを経由して買い物やサービスを利用すると通常よりも高い還元率でポイントを付与してくれるというサービスもあるのです。

もちろん、アメックスとダイナースも例外ではありません。

ダイナースは「ダイナースクラブポイントモール」、アメックスは「メンバーシップリワードボーナスポイントパートナーズ」というサイトを独自で運営しています。

ダイナースクラブポイントモールは、一休.comや楽天、じゃらんなどなじみのあるサイトが多い傾向です。

ポイントも提携先によっては通常の20倍もの還元率になっている場合もあり、非常に使い勝手が良く効率的な仕組みとなっています。

一方のアメックスのメンバーシップリワードボーナスポイントパートナーズを見てみると、ダイナースのような予約サイトやショッピングサイトの提携は一切ありません。

提携店も少し高めのところが多くなっていて、高級感や特別感を大事にしている印象を受けます。

なかなか利用頻度は高くないかもしれませんが、普段の生活水準も高めの人には向いているかもしれません。

 

ちょっといい気分!空港ラウンジ

ビジネスや旅行でよく飛行機を利用する方にとっては、ラウンジのサービスも気になるところです。

ダイナースとアメックスゴールドのどちらもそれぞれにラウンジのサービスはついていますが、少しその内容で異なる点があります。

まず、ラウンジの数ですが、ダイナースは国内外に750カ所以上あるのに対し、アメックスは国内外に700カ所以上あります。

この点に関してみると、ダイナースのほうが少し使える場所は多いようですね。

次に利用料金についてですが、ダイナースはすべて無料で使えるのに対して、アメックスは1回27ドルがかかります。

ただし、年2回の無料券をもらうことができますので、そんなに年に数回も海外に行くことなんてないという方には問題ありません。

 

便利なサービス!荷物宅配

ラウンジと同じく空港をよく使う人にとって気になるサービスが、荷物の宅配サービスです。

ダイナースもアメックスゴールドも、どちらもこの機能は当然ついています。

しかし、比較をしてみるとダイナースはサービスが帰国時のみなのに対し、アメックスゴールドは出国時・帰国時ともに荷物の宅配のサービスを行ってくれます。

海外旅行に行く際には、荷物の量も多くて空港までの移動は本当にわずらわしいですよね。

出国時も帰国時も荷物の宅配をしてくれるアメックスゴールドのサービスなら、旅をより楽しく、快適にしてくれます。

 

いざというとき役立つ!海外旅行保険

海外旅行に行く際に意外と役立つ機能が、カードに付帯されている旅行保険です。

特に海外で事故や病気になってしまったときには、とても頼りになるサービスですよね。

ダイナースとアメックスを比較した際の最も大きな違いは、アメックスには家族カードを持っていない本会員の家族にも保険が適用されるという点です。

1枚カードを持っていれば、家族全員が保証されるというのはコストの面から見てもかなりお得ですよね。

一方のダイナースですが、国内旅行保険ではアメックスにはない入院・手術・保障の手当がありアメックスよりも充実しています。

国内ではダイナース、海外ならアメックスといった感じでしょうか。

自分の旅行のスタイルに合わせて選んでもよいかもしれません。

 

スタイルに合わせてカードを選ぼう!

ダイナースとアメックスのカードは、どちらも社会的信用が高く、魅力的な点がそれぞれにたくさんあります。

年会費やポイントの貯めやすさで見ると、ダイナースのほうが有利です。

しかし、カードが利用できる店舗数や認知度、旅行保険のサービスなどはアメックスがリードしているといえるでしょう。

ある程度コストを抑えて効率的にカードを使用したいという方はダイナースを、それよりもブランドのステータスを大切にしたいという人はアメックスを選ぶとよいかもしれません。

ダイナースかAMEXか、普段の生活のスタイルに最も合ったカードを選んで、お気に入りの1枚にしてくださいね。

今すぐアメックスを申し込む

アメックスの審査・申し込みはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

アメックス(AMEX)カードが使えなくなった場合の対処法

アメックスのセキュリティは海外で万能!?旅行時頻発トラブル例&アメックスの対応力...

アメックス(AMEX)カードの締め日はいつ?

AMEXのクラブオフって何?アメックスカードのVIP会員になるメリット

東京ディズニーリゾートをアメックス(AMEX)カードで楽しむ